DualPore™ Metal Scavenger水処理フィルター

  • HOME »
  • DualPore™ Metal Scavenger水処理フィルター

水中金属イオン除去用・超高純度シリカゲル吸着材

DualPore™ Metal Scavenger
WATER PURIFIER

 

汎用水処理カラム+ポンプで簡単除去

SV180の高速処理・ppbまで徹底捕集

 

 活性炭・イオン交換樹脂・従来のシリカ型スカベンジャーや化学処理では取り切れなかった数ppm程度の残留金属にお困りではありませんか?高い比表面積を持ち、拡散流路の貫通孔と吸着分離サイトの細孔という特有の構造を持つDualPoreメタルスカベンジャーが、簡便・迅速に切れ味よく排水中の金属イオンを吸着除去します。従来粒子よりもはるかに吸着力が高く、極低濃度でも高い捕集力を発揮します。フローでの吸着でサブppbの濃度まで取りこぼしを抑えます。

 

フィルターに通液するだけ

取りこぼしていた残留金属を根こそぎ回収

DualPore Metalscavenger 水処理フィルターの使用イメージ

 

 

 

 

 

 

幅広いpHに対応/強酸でも高い吸着能と耐久性

 

メッキ廃液のパラジウム回収例
Pd conc. 100 ppm (0.94 mmol/L), 0.1% HCl/Methanol
Flow rate 3 mL/min, Column size: Φ5.5x10mm,
SH loading: 1.3 mmol/g, DualPore 150μm & Conventional 50μm

 

 

 

 

 

小型カラムで1トン以上の大量処理も可能

 数気圧以下で処理できるほどカラム圧力が低く、送液ポンプ・カラム容器・配管などに大幅なコストをかけなくても大容量処理が数時間で可能です。

水処理カラムのパラジウム吸着精製規格表

カラム規格 容量 最大流速(*1) 24時間当たり
処理量
Pd吸着能(*2) 1 ppm Pd廃液
処理可能液量(*2)
C-10A 0.3 liter 60 L/h 1440 L 6.2 g 6.2  m^3
C-10 0.7 liter 90 L/h 2160 L 12.5 g 12.5 m^3
C-10W 1.7 liter 225 L/h 5400 L 31 g 31 m^3
I-3 3 liter 330 L/h 7920 L 54 g 54 m^3
I-5 5 liter 450 L/h 10800 L 94 g 96 m^3
I-10 10 liter 530 L/h 12720 L 196 g 196 m^3

*1  水25℃・カラム圧力0.34MPa以下・接触時間20秒以上となります
*2  MS-S N3aqによる概算

 

設計圧・処理速度・使用限界目安
使用限界時間はパラジウム濃度1ppm 連続処理の場合となります

 DualPore Metal Scavengerをお使いになられる場合、あらかじめ安価な活性炭・イオン交換樹脂などで金属イオンの濃度を下げておくことをおすすめします。

 

 

 

リガンド情報

リガンド 構造 リガンド量
SHaq
Mercaptopropyl
0.9-1.3 mmol/g
TMT
Trimercaptotriazine
0.3-0.6 mmol/g
N3aq
Propyl-N-diethylenetriamine
0.6-0.9 mmol/g
TAAc
Triaminetriacetate
0.3-0.6 mmol/g

・non-endcapping, hydrophilic surface

 

 

 

システム価格は個別に対応しております

別途お問い合わせくださいませ

 

 

 

 


対応金属参考表

◎良く吸着 ○吸着 △条件次第

※金属の価数・溶媒・pH・リガンド・共存化合物の種類によって変化します。

 

第一遷移金属

種類 Sc Ti V Cr Mn Fe Co Ni Cu Zn
SH
TMT
N2
N3
TAAc

 

 

第二・第三遷移金属

種類 Zr Nb Mo Ru Rh Pd Ag Cd Hf Ta W Re Os Ir Pt Au
SH             ○   
TMT               ○     
N2      ○
N3      △
TAAc        

 

 

その他金属

種類 Al Ga Ge As Se Sn Sb Pb U Cs Mg Ca Sr Ba
SH        
TMT
N2          
N3
TAAc

 

 

 

 

各金属イオンの除去性能(1ppm・水系・各pH)

金属とリガンドの種類に応じてpHに依存した吸着性能を示します。

(画像クリックで拡大)

 

 

 

基本仕様

分類 大粒径タイプ MS-L 小粒径タイプ MS-S
用途 撹拌・浸漬など 長時間吸着 フロー・撹拌など 高速吸着
粒子径範囲 0.2/1.0 mm 63/212 µm
比表面積 550 m2/g
かさ密度 0.25 g/mL
酸安定性 < 6M HCl
様式 粒子 または カートリッジ

※記載価格はすべて税抜価格です。上記仕様は告知なく変更する場合があります。悪しからずご了承ください。
※掲載されている商品は試験・研究の目的のみに使用されるものです。医薬品・食品・家庭用品等として使用できません。

.
.

 

 


よくあるご質問/FAQ

クリックでFAQを表示/非表示

Q. カラムまたはバッチでの飽和吸着量は?
A. 飽和吸着量はリガンド導入量の70-80%程度が参考となります。リガンド量が1.3 mmol/gであれば1グラム当たり0.9-1.0 mmolの金属を吸着します。ただし、飽和吸着量は金属・配位子・溶媒の種類によって変動しますのでご了承ください。

 

Q. 吸着しないで漏れ出してしまうことは?
A. 飽和吸着量を超えると漏れ出します。また、高流速や短い接触時間で流した場合では金属が漏れ出す場合もありますので、接触時間20秒以上・SB180以下を目安としてご使用ください。吸着が進むとカラムが着色する金属種であれば、目視で漏れ出すタイミングを確認できます。

 

Q. フローで詰まることは?
A. 不溶性微粒子を含む懸濁液を流したり、シリカと接触すると凝固・析出する成分を含む高濃度溶液を流すと詰まる場合があります。その場合は糸巻フィルターなどの使用を推奨します。

 

Q. 飽和吸着後に吸着した金属が流出してしまうことは?
A. 基本的にはありません。但し、pHが変動する場合、競争的に吸着が起こる他種金属が共存する場合は除きます。

 

Q. 溶剤でのスカベンジャーの溶出は?
A. シリカ分の溶出であれば特にありません。ただし、高温下または水系で酸・塩基下などpHが変化する場合は条件によって溶出する可能性はあります。

 

Q. 使用できる溶媒は?
A. 水・有機溶剤問わず使用できます。弗酸・強アルカリなどシリカを溶出する溶液・溶媒は避けてください。

 

Q. 金属以外の吸着は?
A. 有機溶剤向けのリガンドであるSH・TMT・N2・N3は有機溶液中の金属のみを選択的に吸着します。トリメチルシリル基によるエンドキャップ処理を施しており、極性化合物がシリカゲル表面に吸着して残留してしまう事を抑制しております。

 

Q. 濃度をppbまで下げる方法は?
A. カラムでは接触時間20秒以上で流すか、バッチで2時間以上処理してください。流速や金属・配位子・溶媒の種類によって1ppb以下まで低下するフロー条件は変動しますのでご了承ください。

 

Q. 使用前の洗浄は?
A. カラム・フィルターから発生する成分には細心の注意を払っておりますが、輸送時の衝撃や保管の計時劣化によって微細粉や酸化成分が漏れ出すことがあります。問題となる場合は、カラム体積以上の溶媒で前洗浄すれば除去できますので洗浄条件を定めたうえでご使用ください。

 

Q. 無償サンプルは?
A. 下記につきお約束を頂ける方に限りカートリッジの無償サンプルをご提供しております。ご要望の方は問い合わせフォームより題名に「無償サンプル希望」と記載してご連絡ください。
・2週間以内に試験結果をご共有いただける方
(ご共有内容はお客様側で機密情報とならない範囲でOKです)
・導入されなかった場合の改善・改良に情報提供やご協力いただける方

クイックメニュー

PAGETOP
Copyright © 株式会社ディーピーエス All Rights Reserved.